着物は日本伝統の衣装ですが、日々進化し、そして変化しています。そんな着物の進化を見ることができる着物ブランドSOU・SOUが注目されています。どのような着物ブランドなのか見ていきましょう。

足袋

SOU・SOUとは

 

SOU・SOUは、2002年に脇阪克二(テキスタイルデザイナー)、辻村久信(建築家)、若林剛之(プロデューサー)の3人のユニットとして、京都に誕生したブランドです。

 

着物だけではなく、足袋や小物、和菓子や家具など、伝統的な素材や技法を積極的に用いながらも、現代のライフスタイルに寄り添うものづくりを行っています。

 

SOU・SOUというブランド名は、日本人が良く行う会話での相槌「そう、そう」から名付けられました。相手の事を「そう、そう」と認めることによって、お互いを確認・発見・発展させ、そして社会を築いていくようにとの思いが込められています。

 

足袋専門のSOU・SOU足袋や子供和服専門のSOU・SOUわらべぎ、伊勢木綿専門のSOU・SOU伊勢木綿など、趣の違う店舗が国内に10店舗、サンフランシスコに1店舗、またネットショップもあります。

 

特にSOU・SOU足袋はさまざまなメディアにも取り上げられたこともあり、多くの外国人観光客が訪れています。

 

テキスタルデザインとは?

服やインテリアなどの織物のデザインのこと。柄のデザインだけでなく色、加工方法、布の素材に至るまでのすべてが含まれます。

 

SOU・SOUの人気コラボ

 

SOU・SOUは実はさまざまなブランドとのコラボ商品を発表していることをご存じでしょうか。中でも特に人気だったのが、ユニクロとのコラボ商品です。知らず知らずのうちに、SOU・SOUコラボ商品を購入していたなんてこともあるかもしれません。

 

このコラボ商品は特に人気で、一時期は品薄になってしまったほどです。それは「RELACO(リラコ)」です。

 

ステテコをヒントに作られた、夏に涼しく過ごすことができるホームウェア。独特のジャパニーズポップなデザインが目を引いていたことを思い出します。

 

「SOU・SOU」まとめ
独特のテキスタイルデザインが魅力的なブランドです。目的の違うさまざまな店があるので、SOU・SOUの世界観を存分に楽しむことができます。人とは違う着物や小物が好きな人にはおすすめです。